Reve北幌内についてAbout us

雄武町について

雄武町はオホーツク海に面した町で、なんとオホーツク海を臨む海岸線はおよそ35キロにもおよびます。
広大な牧草地も広がっており、まさに思い描く北海道の風景そのものです。
冬はとても空気が澄んで、星空や日の出がとても美しく見えるようになります。ダイヤモンドダストが降ることもあり、神秘的な自然を感じられます。
観光名所としては日の出岬が有名で、四季折々の日の出と短い時間でどんどん変化する水平線を楽しむことができます。

流氷

流氷はオホーツクの北、シベリアのシャンタルスキー湾付近で生まれ、11月中旬になると、東カラフト海流の北西の季節風におし流されて移動します。
1月中旬から2月下旬位にかけて水平線を陸地と見間違う程の様相でこのオホーツク海にやってきます。
流氷同士がこすり合うと、まるで氷が鳴いているかのように聞こえます。

01

北海道立オホーツク
流氷公園

車で約1時間走ると入園料無料の『北海道立オホーツク流氷公園』
屋内外で遊べるとても大きな総合公園!

http://seaicepark.jp/

02

日の出岬

雄武町(おうむちょう)のオホーツク海に突き出した岬が日の出岬。
雄武と興部の間にある岬です。「日の出」と名付けられていることからもわかる通り、とても美しいオホーツク海の日の出を見ることができる場所です。
海浜公園として整備され、無料の双眼鏡が配される展望台「ラ・ルーナ」、バンガローも設備された日の出岬キャンプ場などがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=HO-1mncxWP4&feature=youtu.be https://welcome-oumu.hokkaido.jp/

03

Reve北幌内

Reve北幌内は、雄武町にある3つの牧場が合体し、
2018年の5月に創業したばかりの近代的で新しい牧場です。

ロボットの導入やバイオガス発電の取り組みなど、牛にも人にも環境にも優しい牧場を目指すため常に新しいことに挑戦しています。

社名の「Reve」とはレイブと読み、フランス語で「夢」という意味があります。

始まったばかりの当牧場の新品の牛舎の中には、たくさんの夢や希望、目標がたくさん詰まっています。まだまだこれから経営規模の拡大などやりたいことがあくさんあります。

1つずつ夢を叶えながらまた新しい夢を見つけていく、Reve北幌内はいつまでも邁進し続ける牧場です。

会社概要

企業名
株式会社Reve北幌内
創業
2018年5月
住所
北海道門別郡雄武町字北幌内389番地3
電話番号
0158-85-7280
FAX番号
0158-85-7281
代表取締役
宮嶋 礼治
従業員
7名 実習生 3名 パート2名
飼養頭数
700頭(搾乳牛400頭、育成牛300頭)

MAP

CONTACT お問い合わせ

ENTRY 採用応募/お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Tel:0158-85-7280 Fax:0158-85-7281

お問い合わせフォーム

お問い合わせはコチラから